ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川崎病 その2(入院初日) 
2009.05.04.Mon / 01:48 
市民病院へ行く前に、帰宅が遅くなるため、自宅にいる義父の携帯へメールで連絡を入れます。
診察をした先生の様子からとにかく急がないといけないと思い(川崎病について聞いたところ「説明する時間がもったいない」と、本を切り取った物を説明代わりに読んでと渡された)、最低限の内容で送信し、市民病院へ急ぎます。
診察まで15分ほど待ったでしょうか。やっと呼ばれ、診察室へ。一通りの診察をし、息子の症状を診た先生は「川崎病って言われて来たの?」と聞きました。間違いなく川崎病との事で、やっと川崎病についての説明を聞くことが出来ました。原因がわかっていないこと、感染する病気ではないこと、後遺症の事等々…。
そして、そのまま入院の準備に入ります。まず感染を防ぐための隔離の必要があるかどうかの検査をするからと、インフルエンザ等3種類の感染症の検査をしました。結果は全て陰性だったため、大部屋へ入ることになりました。
病室へ案内され、息子は血液検査の採血や点滴処置のため、処置室へ連れて行かれました。私は、「部屋で待っていてください。」と言われたので、その間に旦那と実家に連絡を入れに行きました。
息子は、左手の甲に点滴の針を刺し、添木にぐるぐる巻きに固定されて戻ってきました。尿検査をするので、おしっこを採取するための袋をつけてあるからおしっこが出たら教えてくださいと言って、看護婦さんは戻っていきました。
実家の方が近いため、自宅から義父母が来るよりも早く実家の母が来たので、後を任せて入院に必要な物を取りに一旦帰宅します。
自宅へついたのは既に2時半を回っていました。お昼ごはんを食べていなかったのですが、家についてやっと空腹を自覚します。簡単に食事をして、入院に必要な物を持って再び病院へ向かいます。
息子はまだ1歳10ヶ月なので、24時間誰かがついていなければならないということで、自分が泊り込みに必要な物も持っていかなければなりません。
病院では息子の食事は出ますが、付き添い人のための食事は出ません。その為に、昼と夜の2回交代してもらい、食事と入浴のため1日2回帰宅することにします。昼間は実家の母に、夜は自宅の義父母にお願いすることにしました。朝食は、夜帰宅したときにおにぎりを作って持って行きます。
この生活が12日間続くことになるのです…。
* テーマ:病気 - ジャンル:育児 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト川崎病 その2(入院初日)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
くろこさん
マウスでクリックしたりして、遊んであげてね。
TrackBall Link
トラックボーラーな管理人の
おススメサイト




Link







みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

Name(HN):
Mail:
Subject:
Message:

カウンター
CopyRight 2006 DESCRIBE All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。