ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川崎病 その4(退院まで) 
2009.05.08.Fri / 22:01 
一旦は下がった熱も、再び37度台まで上がってしまいました。その後2日ほどは37度を境に、上がったり下がったりを繰り返します。
グロブリンの投与は終わりましたが、定期的に点滴での抗生剤の投与・アスピリンの服用で様子を見ながら、必要とあれば、またグロブリンを投与するようでした。
その後は熱が上がることもなく、日に日に元気を取り戻してきました。元気になるにしたがってベッドから降りたいとアピールするようになってきましたが、点滴がはずせるまではベッドから出られないので、ひたすらベッドの上で行ったり来たりを繰り返すようになりました。とにかく動きたくて仕方ないようです。

手足の皮がめくれ始めました。そして、唇がとてもガサガサになってきました。あまりにもガサガサなため、ちょっと泣いて大きく口を開けたりするとすぐに唇が割れて出血してしまいます。先生がシーツに点々とついた血の汚れを見て、唇に塗る薬を処方してくれました。

入院してちょうど1週間めの26日、やっと点滴が外されました。
点滴が外されると同時に、プレイルームへの移動とお風呂の許可が下りました。

そして30日(月曜日)、最後の検査です。朝早くに採尿し、朝食後すぐに採血。午後に心エコーの検査となりました。結果はいずれも問題なく、退院してよいとの事でした。
夕方になってしまいましたが、早く家に帰りたかったので、その日のうちに退院することにしました。
次の診察の日程を聞き、退院です。

息子の場合、わりと症状が軽かったのか、回復が早かったのか、思ったより早く退院できてホッとしました。3月19日に入院し、3月30日に退院。12日間の入院生活でした。

退院後の診察でも問題はなく、次の検査は一年後でよいとの事でした。
退院後の診察は、4月6日。心エコーの検査が4月15日でした。
やはり、1ヶ月以上たつと、記憶が薄れてきてしまっています。
手足の指の皮がめくれ始めた日や、間に行った血液・心エコーの検査がいつだったのか、もうわからなくなってしまいました。
覚書のようなメモでもいいので、何か残しておくべきだったなぁと、今更ながらに思います。
* テーマ:病気 - ジャンル:育児 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト川崎病 その4(退院まで)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
くろこさん
マウスでクリックしたりして、遊んであげてね。
TrackBall Link
トラックボーラーな管理人の
おススメサイト




Link







みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
メールフォーム

Name(HN):
Mail:
Subject:
Message:

カウンター
CopyRight 2006 DESCRIBE All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。